So-net無料ブログ作成
検索選択

女性が好きなスキンシップ「女は頭を撫でられるのが好き」 [スキンシップ]

女は頭を「いい子いい子」と撫でられるのが大好きです。

Fotolia_15482200_XS.jpg

女性が、良い子良い子、よしよしされると喜ぶというのは、科学的にも根拠があります。

毛の生えているところは敏感なのです。

人間の体の中で穴の開いているところ(性器や口、耳の穴、肛門)の次に敏感なのが、毛の生えているところです。

進化につれて毛が抜け、裸になってきた人間ですが、性感の強い部分だけには毛が残っています。

髪の毛以上に、生えぎわのうぷ毛、えりあしも重要なポイント
うふ毛は、一本一本のつけ根に敏感な神経が集まっているので、じっくり愛撫することで微妙な感覚に気持ちが集中して、他の部分の性感度を高めることができます。

また、後頭部やえりあしは大脳組織に最も近い部分なので、たっぶりと剌激すれば、性感をコントロールする大脳へ直接的にも間接的にもセクシーな影響を与えてくれます。

もちろん、触れられることで、女性の脳内にはオキシトシンという絆ホルモンが放出されますので、触れてくれた男性への信頼度、好感度がアップします。

解剖学的には、身体の有毛部(毛が生えている部分)には、手のひらのような感覚の敏感さはありませんが、スキンシップに反応するC線維という情動的なものに反応する神経線維があることが、最近の研究でわかっています。

C線維には、痛みを伝達するものや温度を伝えるものなど、さまざまな種類がありますが、その中には有毛部の皮膚にだけ存在するものがあります。これには何かを識別する機能はなくて、人と人などの肌の接触によるコミュニケーションなどの情動的な部分に関わっていると考えられています。

だから多くの女性が頭を「いい子いい子」と撫でられるのが好きなのだと考えられます。

女性の約5割が、「いい子いい子」と頭を撫でられるのが好きです。

でもいきなり「いい子いい子」するわけにはいきませんよね。
タイミングというものがありますし、人間にはパーソナルスペースと呼ばれる「繩張り」があるので、女性のパーソナルスペースが崩れている時を狙わないといけません。

例えば会社内。

あたりを見回してください。こんな女性社員がいませんか?

上司に絞られ、コピー機の前で泣きそうな女の子
友達と喧嘩して、落ち込んでいる女の子
お局様にいじめられている女の子
仕事を立派にやりとげた女の子
みんながいやがることを健気に行っている女の子
髪型が変わった女の子はいませんか?

その後から、撫でるというより、頭を2回、軽く「ポンポン」とたたいてあげてください。
場所的には、頭のてっぺんよりも少し後頭部側を髪の間の空気を2度抜くようなイメージで。

そして、勇気があれば、
「頑張ったね」
「元気出して」
「大丈夫か?」
「帰りにラーメンでも行く?(落ち込んでいるとき)」
という言葉をかけてあげれば、親密度はぐんと深まります。

ちなみに、頭をたたくのは2度がベスト。
「もう少し触って~」というところでやめておく方が効きます。

というように、女性に自然にスキンシップ、ボディタッチして距離を縮めて恋人にしてしまう方法は、『モテる男のスキンシップテクニック』、

オキシトシンなどの脳内ホルモンを利用して、女性を自分のモノにしてしまう方法は、私の著書、
脳内ホルモンを利用した女性用媚薬・催淫剤』をお読みください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:恋愛・結婚

スキンシップを制する男性が恋愛勝者になる! [スキンシップ]

科学的に証明されていますが、人間は、ほんの少し、指先が触れただけでも、触れた相手への好感度がアップします。

Fotolia_5045025_XS.jpg

また、

女性の皮膚感覚は男性の10倍も敏感だと言われています。

その理由は、まだ人類が狩猟生活をしていた太古にさかのぼります。

img573.jpg

男は、命がけで獲物を取ってきてそれを持ち帰ることが役割でした。

この時代には、当たり前ですが、皮膚を保護してくれる服や素足を守る靴なんてあるわけも無く、素足・半裸で森や草むらなどを狩の為に走り回って獲物と格闘していました。

体には無数の傷ができるし、雨だろうが寒かろうが暑かろうが狩に出かける必要があったわけです。

この環境に適応するために男性の体は、皮膚感覚を「鈍感」にすることで痛みや不快な皮膚刺激に対する感受性を下げ、身体的な外傷や不快な環境に怯まない体を獲得する方向へ進化していきました。

反対に女性の場合は、重要な役割であった子育てにはスキンシップが不可欠であることと、男性のように直接獲物と格闘することがなかったために、ケガ等の痛みを感じるリスクが低く、皮膚刺激の感受性を下げる必要がなく、触れられたい・あるいは触れたいと感じる欲求に敏感になり、皮膚感覚の感受性を敏感にする方向へ進化していきました。

ですから、女性は男性よりもはるかに皮膚感覚が敏感なのです。

そして、女性は男性よりも「触れられたい」生物です。

また、触れられることで、女性の脳内には、オキシトシンという脳内ホルモンが放出されます。

「情がわく」という言葉がありますよね。
「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。

この「情がわく」という心理は、脳内ホルモンが作り出しているのですが、そのホルモンが、オキシトシン。

絆ホルモンとか、ラブドラッグ、抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。

ですから、女性とスキンシップ、ボディタッチすることで、女性との肉体的、心理的な距離を縮めて、親密な関係になることができます。

しかし

女性の皮膚感覚が男性よりもはるかに敏感なだけに、心理学的、生物学的、脳科学的に正しいアプローチでスキンシップやボディタッチをしないと、取り返しの付かない、逆効果を引き起こす危険性もあります。

古村勇介が心理カウンセラーとして、女性に嫌悪感を抱かせない、好感度をアップさせるための、科学的根拠に基づいたスキンシップ、ボディタッチのテクニックを公開しているのが、『女性の心をつかむ!モテる男のスキンシップテクニック』 です。

女性への自然でさりげないスキンシップ、ボディタッチの方法を知りたいかたにオススメです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

女性が好きなスキンシップ-女の子は「いい子いい子」されるのが好き [スキンシップ]

女の子はどんなスキンシップ、ボディタッチが好きなのでしょう?

Gyaoトレンドスタイルウォーカーの連動企画で「なぜか女子の約5割が好きと答えるスキンシップは?」というアンケート結果が発表されています。

とても参考になりますので、紹介させていただきます。

スタイルウォーカー社「女子の法則」の協力を得て、10代~20代の約2000人の女子たちを対象に「Gyaoトレンド」がアンケートを実施しました。

これだったらセクハラにはならない、女子たちを虜にするスキンシップとは?

1位 いい子いい子 46%
2位 ハグ 22%
3位 手をつなぐ 10%
4位 腰に手を回される 6%
5位 肩に手を回される 2%
6位 お姫様抱っこ 1%
6位 ほっぺたをつねられる 1%

スキンシップへの反応は、その女性が育ってきた環境や経験によって大きく変わるものですので、誰にでも当てはまるわけではありませんが、「いい子いい子」がほぼ半数の支持を得ていることは、注目すべき結果だと思います。

実は、私の周りにも、頭を軽く撫でられる、「いい子いい子」が好き、してもらいたいという女性が多いですし、実際に付き合ってきた女性の多くもそうでした。




●「いい子いい子」好きの女性の意見としては、

「褒められると嬉しいという気持ちと、微妙な関係の時には、これぐらいのスキンシップはしないと。でも、これ以上やると嫌悪しそうだけど…」
「なんでか分からないけど、頭触られるのはヤバイ」
「撫でるより、ポンポンって軽くされるくらいがいい」
「甘えたいってことかな」
「猫な気分になる」
「相手がちょっと上から目線なのがいい」
「優しさが込められてて安心するから」
「でも自分が好意を持っている人限定
「なんか、撫で撫でされるとドキッとするんだよなー」
「普段、強気な方なので、反動で」
「いい子いい子は反則~♪」
子供に戻った気分になって、甘えたくなっちゃいます」
「たまらん!」
「さわった相手も気持ちいいように、ツヤツヤな髪にしておかなくちゃ」

●「手をつなぐ」を支持する女性からは

「一番自然なスキンシップだから」
「ドキドキして汗ばんだり…笑」
「簡単な様で意外と難しい。望んでいても差し延べられなかったり…」
「好きな異性にされたら、やっぱりキュンってしちゃう」
「初めての触れ合いって感じだよね」
などがあがっていました。

女性の心をつかむスキンシップ、ボディタッチの方法はこちらをお読み下さい。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

手のつなぎ方48手 [スキンシップ]

手をつなぐというのは、スキンシップの第一歩、初歩の初歩ですが、その一歩が難しいものでもあります。

Fotolia_27221_XS.jpg

手をつなぐことができれば、肩を抱くことも腰に手を回すことも、キスをすることも、そんなに難しくはないのです。

ネットで、手のつなぎ方48手
という面白い情報を見つけました。

ほとんどが、というか全てがジョークですが、場合によっては使えるかもしれません。

現実的で実用的なスキンシップ、ボディタッチの方法はこちらをご覧ください。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

「くすぐったい」と快感は同じなのだ [スキンシップ]

背中とか太股とかを指でツ、ツーッと撫でられた時、「くすぐったい」と感じる時と、「気持ちイイ」と感じる時と、同じ場所なのに感じ方が違う時がありますよね。

06.jpg

そもそも、「くすぐったい」というのはどういうことなのか?

「くすぐったい」というのは、皮膚についた害虫を察知し、身を守るために備わった防衛本能だと考えられています。
そのため、虫が体を這うとくすぐったいと“不快”に感じて振り払おうとするのです。

人は、くすぐられた時に「快」と「不快」が同時に起こっている状態。
そして、「快」が「不快」より大きくなった時に、気持ちいいと感じるようです。

性行為の場合は、最初は緊張や不安から防衛本能が働いて、「くすぐったい」と「不快」に感じ、徐々にリラックスして相手を受け入れる心理状態になると「快」が強まり気持ちよくなるんですね。

耳の周辺や首筋、脇の下、足の裏などのくすぐったさを強く感じる部分には、自律神経という、体をコントロールする神経が集中しているので、他の部分に比べて皮膚感覚がずば抜けて敏感。

ちなみに、自分で自分の体を触ってもくすぐったくないのは、小脳が「指を動かせ」と指令を出し、大脳が「刺激が来るぞ」と身構えるから。
一方、他人のくすぐりは、予期できないのでくすぐったく感じるのです。

普段他人に触れられてくすぐったいと思うような部分が、性的興奮時には愛撫されると気持ち良く感じるようになります。

女性にスキンシップ、ボディタッチする場合も、このへんをわかっていないといけません。

女性にスキンシップ、ボディタッチするテクニック恋愛セックスに不可欠です。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

食べることもスキンシップ? [スキンシップ]

女性へのスキンシップ、ボディタッチによって女性の脳内にオキシトシンという脳内ホルモンを放出させて、信頼関係を築くことができるのですが、女性に自然にスキンシップ、ボディタッチするのは、手順とテクニックが必要です。

でも、直接、女性に触れなくても、デートで女性の体にスキンシップ、ボディタッチする方法があります。

それは、「食べる」という行為。

体の内側は食べることによって刺激されます。

体の外側がマッサージなどの接触によって刺激され、オキシトシンが放出されるのと同様に、食べることによって内蔵が刺激され、オキシトシンが放出されます。

また脳が受けるメッセージの中には、私達がどのくらいの量を食べたかという情報もあって、この情報の一部は消化管ホルモンであるコレシストキニン(CCK)の分泌によって伝達されます。

このホルモンは小腸の上部から出るもので、高脂肪の食べ物がこの場所に到達すると特に出やすくなっています。

CCKは迷走神経を活性化し、さらには迷走神経はオキシトシンの放出を促します。

ということで、食事が高脂肪であればあるほど、オキシトシンを多く放出します。

ですからデートの時の食事の種類、質はとても大切です。

yaki01.jpg

ちなみに、アルコールを飲むことも、オキシトシンを放出させます。

実験によるとラットなどの動物でも、人でも、少量のアルコールは血中のオキシトシン濃度を上昇させることがわかっています。

ただ、量を過ぎると逆効果になりますので注意が必要です。

気になる女性に自然にさりげなくスキンシップ、ボディタッチをして親密度を深めるための方法はこちら。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

熟女は触られたい!女性へのスキンシップ・ボディタッチのテクニック [スキンシップ]

悲しいときや困難にぶつかったとき、人は誰かに触れて欲しいと思います。
肩を抱いて欲しい。背中を優しく撫でて欲しい。抱きしめて欲しい。

この欲求は「触れたい」欲求と異なり、どんなに欲求しても、相手がしてくれないと満たされないものです。
家族や恋人、友人がそばにいても、相手が触ってくれないと満たされない。

だから、多くの女性は、マッサージエステに行って触ってもらうのです。

fiona massage.jpg


女性は、単に疲れを癒したり、美しくなりたいだけでなく、触ってもらいたいからマッサージやエステに通うのです。

男性の快感は性器に集中していますが、女性の性感帯は身体のあらゆるところ、耳や首、背中、ひじや踵、手の平、指、髪の先にいたるまで快感を感じることができます。

女性の皮膚感覚の感度は、男性の10倍。

男が想像する以上に、女性は触れられることで快感を感じます。

(もちろん、逆に不快感にも敏感ということになります)


特に、ご主人とご無沙汰で、子供も巣離れしてしまった人妻熟女は、セックスはもちろん、人の肌に触れる、触れられることに飢えています。

hasimoto4.jpg

多くの夫婦は、結婚後すぐにセックスの回数が激減します。心理学者の調査によると、結婚1年後には恋人同士の時の3分の1の回数にまで減少するのだそうです。これは多くの場合、旦那の方が飽きるからです。しかし、このあたりはうまくできていて、ちょうどその頃2人の間には子供ができます。

女性は妊娠・授乳中は基本的に発情しませんから、旦那もセックスを求められるということはありません。しかも子供という夫婦の絆を強くする存在ができますから、家庭は円満となります。女性は自分の子供、乳幼児との濃密なスキンシップで触れられたい、触れたいという欲望は満たされています。

ところが子供が成長し、母親に抱きしめられることを嫌がるようになると、女性の「触れたい」、「触れられたい」という欲求が満たされなくなってしまいます。

だから熟女はエステやマッサージに通ったり、ペットを飼うことでスキンシップの欲求を満たそうとします。

また中には出会い系サイトを利用して、セフレを探し求めたりするのです。

ですから、人妻熟女が好きという男性は、彼女たちの触れられたい、触れたいという欲求を理解し、うまく利用することで、三十路、四十路、五十路の人妻熟女の恋人、セフレを攻略しやすくなります。

女性へのスキンシップ・ボディタッチのテクニック、そして熟女を恋人やセフレにする方法は、下記を参考にして下さい。

女性にさりげなく自然に触れて親密な関係になるスキンシップ・ボディタッチのテックニック

熟女を恋人・セフレにする方法


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

気になる女性の心をつかむ!女性心理を揺さぶるモテる男のスキンシップ、ボディタッチの方法 [スキンシップ]

★スキンシップ、ボディタッチを制する男性が恋愛勝者になれます。

Fotolia_16113706_XS.jpg

科学的に証明されていますが、人間は、ほんの少し、指先が触れただけでも、触れた相手への好感度がアップします。

また、

女性の皮膚感覚は男性の10倍も敏感だと言われています。


その理由は、まだ人類が狩猟生活をしていた太古にさかのぼります。

男は、命がけで獲物を取ってきてそれを持ち帰ることが役割でした。

この時代には、当たり前ですが、皮膚を保護してくれる服や素足を守る靴なんてあるわけも無く、素足・半裸で森や草むらなどを狩の為に走り回って獲物と格闘していました。

体には無数の傷ができるし、雨だろうが寒かろうが暑かろうが狩に出かける必要があったわけです。

この環境に適応するために男性の体は、皮膚感覚を「鈍感」にすることで痛みや不快な皮膚刺激に対する感受性を下げ、身体的な外傷や不快な環境に怯まない体を獲得する方向へ進化していきました。

反対に女性の場合は、重要な役割であった子育てにはスキンシップが不可欠であることと、男性のように直接獲物と格闘することがなかったために、ケガ等の痛みを感じるリスクが低く、皮膚刺激の感受性を下げる必要がなく、触れられたい・あるいは触れたいと感じる欲求に敏感になり、皮膚感覚の感受性を敏感にする方向へ進化していきました。

ですから、女性は男性よりもはるかに皮膚感覚が敏感なのです。

そして、女性は男性よりも「触れられたい」生物です。

また、触れられることで、女性の脳内には、オキシトシンという脳内ホルモンが放出されます。

「情がわく」という言葉がありますよね。
「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。

この「情がわく」という心理は、脳内ホルモンが作り出しているのですが、そのホルモンが、オキシトシン。

絆ホルモンとか、ラブドラッグ、抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。

ですから、女性とスキンシップ、ボディタッチすることで、女性との肉体的、心理的な距離を縮めて、親密な関係になることができます。

しかし

女性の皮膚感覚が男性よりもはるかに敏感なだけに、心理学的、生物学的、脳科学的に正しいアプローチでスキンシップやボディタッチをしないと、取り返しの付かない、逆効果を引き起こす危険性もあります。

自然なボディタッチ、スキンシップで好きな女性の心をつかみ、恋愛勝者になりたい男性は、ぜひ、私の著書、

『女性の心をつかむ!モテる男のスキンシップテクニック

をお読みください。

また、心理学と脳科学を応用し、麻薬のような強力な脳内ホルモンで女性を虜にして恋人にしたい人は、『女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術』をお読みください。

★心理カウンセラー、セクシャルアカデミー顧問の古村勇介の恋愛・性愛メルマガ講座、無料購読登録で、秘密のプレゼント進呈!






 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録/解除
選択してください: 
メールアドレス: 
名前: 
Powered By ステップメールNEO

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。