So-net無料ブログ作成
検索選択

食べることもスキンシップ? [スキンシップ]

女性へのスキンシップ、ボディタッチによって女性の脳内にオキシトシンという脳内ホルモンを放出させて、信頼関係を築くことができるのですが、女性に自然にスキンシップ、ボディタッチするのは、手順とテクニックが必要です。

でも、直接、女性に触れなくても、デートで女性の体にスキンシップ、ボディタッチする方法があります。

それは、「食べる」という行為。

体の内側は食べることによって刺激されます。

体の外側がマッサージなどの接触によって刺激され、オキシトシンが放出されるのと同様に、食べることによって内蔵が刺激され、オキシトシンが放出されます。

また脳が受けるメッセージの中には、私達がどのくらいの量を食べたかという情報もあって、この情報の一部は消化管ホルモンであるコレシストキニン(CCK)の分泌によって伝達されます。

このホルモンは小腸の上部から出るもので、高脂肪の食べ物がこの場所に到達すると特に出やすくなっています。

CCKは迷走神経を活性化し、さらには迷走神経はオキシトシンの放出を促します。

ということで、食事が高脂肪であればあるほど、オキシトシンを多く放出します。

ですからデートの時の食事の種類、質はとても大切です。

yaki01.jpg

ちなみに、アルコールを飲むことも、オキシトシンを放出させます。

実験によるとラットなどの動物でも、人でも、少量のアルコールは血中のオキシトシン濃度を上昇させることがわかっています。

ただ、量を過ぎると逆効果になりますので注意が必要です。

気になる女性に自然にさりげなくスキンシップ、ボディタッチをして親密度を深めるための方法はこちら。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。