So-net無料ブログ作成
-| 2010年09月 |2010年10月 ブログトップ

熟女は触られたい!女性へのスキンシップ・ボディタッチのテクニック [スキンシップ]

悲しいときや困難にぶつかったとき、人は誰かに触れて欲しいと思います。
肩を抱いて欲しい。背中を優しく撫でて欲しい。抱きしめて欲しい。

この欲求は「触れたい」欲求と異なり、どんなに欲求しても、相手がしてくれないと満たされないものです。
家族や恋人、友人がそばにいても、相手が触ってくれないと満たされない。

だから、多くの女性は、マッサージやエステに行って触ってもらうのです。

fiona massage.jpg


女性は、単に疲れを癒したり、美しくなりたいだけでなく、触ってもらいたいからマッサージやエステに通うのです。

男性の快感は性器に集中していますが、女性の性感帯は身体のあらゆるところ、耳や首、背中、ひじや踵、手の平、指、髪の先にいたるまで快感を感じることができます。

女性の皮膚感覚の感度は、男性の10倍。

男が想像する以上に、女性は触れられることで快感を感じます。

(もちろん、逆に不快感にも敏感ということになります)


特に、ご主人とご無沙汰で、子供も巣離れしてしまった人妻熟女は、セックスはもちろん、人の肌に触れる、触れられることに飢えています。

hasimoto4.jpg

多くの夫婦は、結婚後すぐにセックスの回数が激減します。心理学者の調査によると、結婚1年後には恋人同士の時の3分の1の回数にまで減少するのだそうです。これは多くの場合、旦那の方が飽きるからです。しかし、このあたりはうまくできていて、ちょうどその頃2人の間には子供ができます。

女性は妊娠・授乳中は基本的に発情しませんから、旦那もセックスを求められるということはありません。しかも子供という夫婦の絆を強くする存在ができますから、家庭は円満となります。女性は自分の子供、乳幼児との濃密なスキンシップで触れられたい、触れたいという欲望は満たされています。

ところが子供が成長し、母親に抱きしめられることを嫌がるようになると、女性の「触れたい」、「触れられたい」という欲求が満たされなくなってしまいます。

だから熟女はエステやマッサージに通ったり、ペットを飼うことでスキンシップの欲求を満たそうとします。

また中には出会い系サイトを利用して、セフレを探し求めたりするのです。

ですから、人妻熟女が好きという男性は、彼女たちの触れられたい、触れたいという欲求を理解し、うまく利用することで、三十路、四十路、五十路の人妻熟女の恋人、セフレを攻略しやすくなります。

女性へのスキンシップ・ボディタッチのテクニック、そして熟女を恋人やセフレにする方法は、下記を参考にして下さい。

女性にさりげなく自然に触れて親密な関係になるスキンシップ・ボディタッチのテックニック

熟女を恋人・セフレにする方法


気になる女性の心をつかむ!女性心理を揺さぶるモテる男のスキンシップ、ボディタッチの方法 [スキンシップ]

★スキンシップ、ボディタッチを制する男性が恋愛勝者になれます。

Fotolia_16113706_XS.jpg

科学的に証明されていますが、人間は、ほんの少し、指先が触れただけでも、触れた相手への好感度がアップします。

また、

女性の皮膚感覚は男性の10倍も敏感だと言われています。


その理由は、まだ人類が狩猟生活をしていた太古にさかのぼります。

男は、命がけで獲物を取ってきてそれを持ち帰ることが役割でした。

この時代には、当たり前ですが、皮膚を保護してくれる服や素足を守る靴なんてあるわけも無く、素足・半裸で森や草むらなどを狩の為に走り回って獲物と格闘していました。

体には無数の傷ができるし、雨だろうが寒かろうが暑かろうが狩に出かける必要があったわけです。

この環境に適応するために男性の体は、皮膚感覚を「鈍感」にすることで痛みや不快な皮膚刺激に対する感受性を下げ、身体的な外傷や不快な環境に怯まない体を獲得する方向へ進化していきました。

反対に女性の場合は、重要な役割であった子育てにはスキンシップが不可欠であることと、男性のように直接獲物と格闘することがなかったために、ケガ等の痛みを感じるリスクが低く、皮膚刺激の感受性を下げる必要がなく、触れられたい・あるいは触れたいと感じる欲求に敏感になり、皮膚感覚の感受性を敏感にする方向へ進化していきました。

ですから、女性は男性よりもはるかに皮膚感覚が敏感なのです。

そして、女性は男性よりも「触れられたい」生物です。

また、触れられることで、女性の脳内には、オキシトシンという脳内ホルモンが放出されます。

「情がわく」という言葉がありますよね。
「情がわいて、別れられない」というようなこともよく聞きます。

この「情がわく」という心理は、脳内ホルモンが作り出しているのですが、そのホルモンが、オキシトシン。

絆ホルモンとか、ラブドラッグ、抱擁ホルモンなどとも呼ぶ人がいます。

ですから、女性とスキンシップ、ボディタッチすることで、女性との肉体的、心理的な距離を縮めて、親密な関係になることができます。

しかし

女性の皮膚感覚が男性よりもはるかに敏感なだけに、心理学的、生物学的、脳科学的に正しいアプローチでスキンシップやボディタッチをしないと、取り返しの付かない、逆効果を引き起こす危険性もあります。

自然なボディタッチ、スキンシップで好きな女性の心をつかみ、恋愛勝者になりたい男性は、ぜひ、私の著書、

『女性の心をつかむ!モテる男のスキンシップテクニック

をお読みください。

また、心理学と脳科学を応用し、麻薬のような強力な脳内ホルモンで女性を虜にして恋人にしたい人は、『女性を虜にする脳内ホルモン恋愛術』をお読みください。

★心理カウンセラー、セクシャルアカデミー顧問の古村勇介の恋愛・性愛メルマガ講座、無料購読登録で、秘密のプレゼント進呈!






 心理学・脳科学を使った恋愛マニュアル メルマガ登録/解除
選択してください: 
メールアドレス: 
名前: 
Powered By ステップメールNEO


-|2010年09月 |2010年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。